悩める女性に希望を|薄毛を治すなら原因を知ろう

遺伝と血行不良

婦人

男性は遺伝要因がほとんど

頭頂部や生え際から髪が抜け落ちて、薄毛が目立つようになるのは、男性がほとんどです。女性の場合は、全体のボリュームが乏しくなるという程度で止まります。これは、男性の薄毛の原因が女性と異なるからです。では、男性の薄毛の原因に迫ってみましょう。薄毛の直接の原因物質は、脱毛ホルモンです。これは、非常に強く、短期間で薄毛へと導く特徴があります。そして、この脱毛ホルモンは、男性ホルモンが5αリダクターゼという酵素と結びついて生成されます。実は5αリダクターゼが、男性ホルモンと結びつきやすい性質かどうかは、遺伝で決まります。特徴的なのが、これは母方の家系から遺伝しやすいということです。必ずしも母方の家系からというわけではありませんが、参考にしてみても良いでしょう。なお、専門の医療機関では、薄毛遺伝子の有無をしっかり調査することも可能です。どうしても気になる方は、しっかりチェックしてみることから始めてみましょう。

血行不良も避けましょう

さて、ほとんどのケースで、「遺伝だから」というと、「どうしようもない」と諦めモードになります。しかし、薄毛については遺伝だからと言って、あきらめる必要は全くありません。なぜなら、対処法がしっかりと確立されているからです。医療機関にかかれば、脱毛ホルモンが作られないように、5αリダクターゼを阻害する薬が開発されています。最近では、新薬も承認されて、治療法に幅が広がりました。薬を自身で購入して、服用している男性もたくさんいます。また、逆に、遺伝子を持っていないからと言って、安心することも禁物です。不規則な生活習慣や、食事内容などによる血行不良も、薄毛の大きな原因だからです。遺伝子の有無にかかわらず、不摂生を避け、健康管理を行うことも、治療の1つなのです。